インプラント

しっかり噛めるインプラント

歯を失ってしまった場合には、インプラントで失ってしまった部分を補うことができます。
他にもブリッジや入れ歯によって補うこともできますが、インプラントは周りの歯に負担をかけたり削ったりしないので、大変快適に使用できます。


インプラントと入れ歯の違い

インプラントと入れ歯の違い

インプラントと入れ歯では、装着時の違和感、噛む力、周りの歯への影響など、主に3つの点で違いがあります。

違いその1:違和感が無い

違いその1:違和感が無い

インプラントは第2の永久歯とも呼ばれ、入れ歯のような異物感がまったくありません。取り外す必要も一切なく自分の歯と同じように使えるので、インプラントであることを忘れてしまうほど自然です。

違いその2:よく噛める、痛くない

違いその2:よく噛める、痛くない

入れ歯は歯茎が直接その力を支えているため、歯茎が圧迫されて痛みを感じやすく、また自然の歯の20%~30%程度しか噛めません。一方、直接骨に固定するインプラントは安定しており、しっかりと噛むことができます。

違いその3:周りの歯にやさしい

違いその3:周りの歯にやさしい

部分入れ歯は、健康な歯にバネをかけて固定して使用します。そのため、健康な歯に負担がかかったり、バネにプラークがたまりやすいなどの欠点があります。
その点インプラントは、骨にしっかりと固定されるため、周りの歯にまったく影響を与えません。


インプラントとブリッジの違い

インプラントとブリッジの違い

インプラントとブリッジでは、周りの歯への影響で大きな違いがあります。

違いその1:健康な歯を削らない

違いその1:健康な歯を削らない

ブリッジは、歯を失った部分の隣の歯を土台にし、橋渡しして補う治療法です。そのため、土台となる健康な歯を削る必要があります。一方、インプラントは骨に人工歯根を埋め込むため、土台が必要なく、周りの歯を削ることはありません。

違いその2:周りの歯に負担がかからない

違いその2:周りの歯に負担がかからない

ブリッジは、土台となる歯に大きな負担がかかるため折れてしまうリスクもあります。また構造上、プラークがたまりやすいため、虫歯の原因になってしまうことも。インプラントは周りの歯に負担を掛けることもなく、長持ちです。


当院のインプラント治療メニュー

当院のインプラント治療メニュー

歯を失った本数や治療箇所、顎の骨の量、患者様のお口の中の状態により、治療方法には様々な選択肢があります。皆様一人一人に最適な治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

CT検査
前歯部のインプラント
臼歯部のインプラント
PAGE TOP